女性の薄毛の原因を徹底解剖|自信を取り戻す

発毛治療を始めよう

薬を飲む男性

男性特有の症状

AGAによく効く薬として大阪でも評判となっているのがプロペシアです。このAGAは男性に特有の薄毛症状で女性には見られない薄毛です。このAGAは男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくことによってジヒドロテストス(DHT)テロンと呼ばれる物質へと変化することが大きな要因となっています。ジヒドロテストステロン(DHT)は髪を作る毛乳頭の働きを鈍化させてしまうため、すでに生えている毛が抜けてしまうほか新しい毛が生えにくい状態となります。このAGAは進行性で自然に改善することはありません。症状はこめかみ部分の生え際や頭頂部の毛が薄くなるのが特徴です。症状が進行すると健全なヘアサイクルが乱されてしまうことで少しづつ細い毛や短い毛が増えるようになり、やがては髪が全く生えてこなくなるか地肌が透けるほどに髪の量が少なくなってしまいM字型やO字型の薄毛となってしまいます。

継続して使用

以前までAGAには効果的な治療法がありませんでしたが、プロペシアを使用することによって症状を大幅に改善することができるようになりました。プロペシアはフィナステリド系の薬で6ヶ月ほど飲み続けることで効果を実感することができるようになります。臨床試験の結果では服用から6ヶ月以上を経過した人の80%以上にAGAの改善効果や発毛が報告されるなど高い治療効果のあることが話題となっています。大阪では皮膚科やAGA外来などで発毛治療を行っています。大阪の医療機関では話題となっているプロペシアのほかザガーロやミノキシジルなど様々な薬を診断に基づき使用することで治療を行っています。AGAの症状によって薬の量や組み合わせなども異なるため、プロペシアを使用する場合には必ず医師の診断と処方が必要となります。大阪でまだプロペシアを使用した発毛治療を経験していない方は皮膚科やAGA外来で相談してみましょう。